2018/11/09

EVENT

世界遺産 元離宮二条城 一日城主


京都市では、世界共通の財産である世界遺産・二条城を次代へ保存・継承していくために、国宝・二の丸御殿をはじめとする文化財建造物等の本格修理を行っています。今回の本格修理は、1603年徳川家康による築城以来の大修理であり、数多くの文化財等を有することから、多大な資金と年数が必要になります。

株式会社タガヤでも「世界遺産・二条城一口城主募金」にて支援を行い、本日「世界遺産 元離宮二条城の一日城主」を体験させて頂きました。


一日城主は、日頃入れない非公開文化財の内部や御殿室内、修理現場などを案内いただき、元離宮二条城の歴史や重要文化財の素晴らしさを感じることができて、貴重な経験ができました。

今年より二条城ウェディングの運営委託を受け、世界中のお客様に唯一無二のウェディング・フォトをご提供していますが、益々世界遺産二条城の魅力を伝えていきたいと思います。

一覧に戻る